バイアグラに効果があるのはなぜか?【バイアグラQ&A】

バイアグラの効果継続の詳細

バイアグラ,効果

バイアグラはいわば勃起を終了させる働きを持つPDE5の働きを妨害します。これは結果的に、勃起状態が終わるのを防ぐ、すなわち勃起状態を持続させる結果になるはずです。

 

しかし、実際には勃起が起こることに効果があるのです。どうしてこういうことが起こるのか不思議だと思いませんか?

 

考え方としては、cGMPが常に作られ、と同時にPDE5によって分解され、通常はそのバランスが保たれて平滑筋が収縮しており、ペニスは萎えた状態にあるが、性的刺激によって神経から一酸化窒素が放出されると、cGMPが急激に増え、PDE5による分解の速度を上回って相対的にその量がおおくなり、結果的に勃起が起こる。

 

 

ところが、何らかの原因によって、もともとcGMPの少ない人は、筋肉の弛緩が起こらず、勃起も起こらない。そこに、バイアグラが入ってくると、PDE5の機能が失われ、想定的にcGMPが増えて勃起がおこると考えるべきなのでしょう。

 

ところで、PDE5という酵素は、陰茎のほかにも、血小板、骨格筋、血管、消化管平滑筋にも存在し、それぞれの組織や臓器でcGMPを分解し、筋肉が弛緩しないように調節しています。

 

当然のことながら、バイアグラは、それらのcGMPの働きも妨害することになります。

 

それが、結果的に副作用となって現れるのです。

 

血管は平滑筋でできていて、弾力性を持ち血圧に耐えて血液を全身に送っています。

 

ところが、バイアグラの作用によって平滑筋が弛緩した状態になってしまうと、血圧が低下して、血液が全身に送られにくくなってしまします。

 

これが極端な形で起こると、ショック状態となり命にかかわるのです。

 

このほかPDE5は、骨格筋にも存在するので、それらが弛緩してしまい、筋肉が十分に動かなくなったり、さらに胃や腸の働きが悪くなることも心配されます。

 

また、血小板に何らかの異常があらわれる可能性があります。したがって、バイアグラの小児は十分に慎重でなければなりません。