バイアグラに効果があるのはなぜか?【バイアグラQ&A】

バイアグラを飲んだ後の勃起の状態

バイアグラ,効果

バイアグラ服用後の勃起の状態についてですが、販売までの臨床実験では勃起不全と診断された人にバイアグラを投与してその効果を実験していたのです。

 

その中でも最終的に性交に十分な勃起硬さを取り戻すことができた人の割合について、試験記録データによると、プラシーボ(偽物の薬)投与された人は約25%に勃起力が戻ったのに関して、バイアグラを投与された人たちでは25ミリグラム・50ミリグラム・100ミリグラムのそれぞれのパーセンテージは、72パーセント・80パーセント・85パーセントで、投与量が多くなるほどその割合も大きくなっていました。

 

試験ではペニスの勃起の状態は次のように分類されています。

 

1、 ペニスは大きくなっているが、硬くない
2、 硬いが挿入することはできない。
3、 挿入可能な硬さだが、完全な方さとは言えない
4、 完全に勃起しており完全な硬さである。

 

このバイアグラ臨床実験の報告では最後に次のようにまとめられています。

 

「用量作用試験における治療後に、25ミリ・50ミリ・100ミリのバイアグラを服用した患者それぞれに56パーセント・77パーセント・84パーセントが勃起力に改善がみられたのに対して、プラシーボ薬を服用した患者は25パーセントだった。」

 

これらの臨床実験のデータをもとに、ゴールドスタイン博士は次に様な見解を述べています。

 

シルデナフィル・バイアグラは男性の勃起不全を改善することがわかった、バイアグラの作用の仕方(シルデナフィルは、性的刺激があった時のみ勃起を引き起こす。)を追っていく上で、試験は全く自然な環境で行われたので、効き目については、被験者の報告に依存せざるを得ない。

 

しかし、事故記入式の勃起機能に関する国先指数は、高度の感度と特異性を持つため、勃起不全の男性の治療による変化を見逃さない。

 

化学者もバイアグラの効果をこの臨床実験で見とることになったのです。