バイアグラに効果があるのはなぜか?【バイアグラQ&A】

バイアグラ効果 勃起作用へのかかわり

バイアグラ,効果

バイアグラの主成分であるバイアグラは、勃起のプロセスにどのようにかかわることで勃起を起こりやすくしているのでしょうか?

 

勃起のプロセスで最も重要な役割を果たすのが、cGMPという酵素なのです。

 

GMPが増加することで、カルシウムイオンが筋小胞体に取り込まれ、結果的に平滑筋細胞が弛緩し、陰茎に血液が流入して勃起が起こるのです。

 

しかし、いつまでも勃起が続いていたのでは困ります。性交を行い射精が終わったら、陰茎は元の状態に戻らなければなりません。

 

その役目をする酵素がホスホジエステラーゼ(PDE)という酵素です。この酵素によってcGMPは分解され、陰茎は勃起前の状態に戻ります。

 

実はバイアグラは、PDEの働きを妨害することによって、勃起を起こりやすくするのです。

 

PDEには7種類以上あることがわかっていますが、それらは、1から7まで番号が付けられています。それぞれ分布している内臓や組織が違っています。

 

それぞれの内臓や組織で、cGMPやAMP(サイクリックアデノシン一リン酸)と分解することで筋肉の動きを調節していると考えられています。

 

人間の陰茎海綿体には主にPDE2、PDE3、PDE5、が存在していて、cGMPの分解にはおもにPDE5関係しています。
この酵素は、血小板、骨格筋、血管平滑筋などにも存在していますが、特に海綿体に高濃度に存在しています。

 

勃起不全の原因について

 

バイアグラ,効果

勃起不全の原因はいくつもありますが、その一つは陰茎海綿体平滑筋の弛緩機能の低下です。弛緩が起こりにくくなれば、陰茎への血液の流入が悪くなるので、勃起が起こりにくくなるわけです。

 

バイアグラは、PDE5を選択的に阻害します。その結果、cGMPの分解が抑制されます。そのため、cGMPが増えて、陰茎海綿体平滑筋の弛緩作用が増強され、陰茎が勃起することを持続あるいは増強させるのです。

 

バイアグラは、単離された仁賢の海綿体に関しては、直接的に弛緩作用を示さないことがわかっています。つまり性的刺激があり、cGMPが働かなくては、勃起を引き起こすことはないのです。

 

つまり、バイアグラは、人間の体の中にできる特定の酵素の働きを妨害することによって、勃起を引き起こすものなのです。
ある意味では体の特定のシステムを乱すことによって、無理に勃起を引き起こしているともいえます。

 

したがって、精力剤や催淫剤とは全く別のものなのです。

 

ED治療薬にはジェネリック医薬品が多く作られています。バイアグラはカマグラ、レビトラはサビトラやジェビトラ、シアリスはタダシップなどが人気のジェネリック薬で同じ効果が期待でき値段が安く販売されています。

 

早漏や遅漏について

 

バイアグラ効果と早漏や遅漏について

男性の性の問題として、勃起不全はよく取り上げられることがありますが、早漏や遅漏で悩んでいる男性も多いのです。

 

早漏の人からすると、遅漏がうらやましいと感じるでしょう。反対に遅漏の人からすると早漏の人がうらやましいと考えるでしょう。

 

2003年にアメリカで開催された性機能障害に関する大きな国際会議で早漏と遅漏の定義と治療法について話し合われたことがあります。

 

女性にとってオーガズムや性的興奮、性欲の遅れや欠如は医療介入する必要があると判断されました。誰がどの程度、性の健康の治療を利用できるかを定めることで、健康保険の適評なども決められました。

 

このことにより、多くの女性の性の問題が医療での治療がしやすくなったともいえます。

 

遅漏や早漏に関しても話し合われました。アメリカに関してこれらの症状も保険の適用に試用と話し合われたそうです。日本ではまだそのような治療は、軽度であれば受ける人はいません。しかし、重度の早漏や遅漏や本人にしかわからない悩みがあるのも事実です。

 

早漏と遅漏の治療にバイアグラを使用するのはどうかということも話し合われました。バイアグラのもたらす勃起力が早漏や遅漏の原因の作用するのではないかと言うのです。早漏と遅漏の原因の多くは精神性のものだと言われています。精神にも作用すると言われているバイアグラを服用することでその症状が改善するのではないかと言うのです。

 

この考えがもしも立証されたなら、バイアグラはさらに注目されることでしょう。